高校留学をする女子が気をつけたいこと

高校留学をして外国で過ごす女子は、気をつけたいことがあります。
日本では普通だったことも、外国ではマナー違反だったり、良くない印象を与えてしまうことがあるからです。


外国で良い友人を作り安全に生活するためには、以下のことに気をつけましょう。

まず化粧は控えめにしましょう。
外国に行くとわかりますが、ハリウッド映画と違い実際の外国人女子高生はほとんどスッピンが多いです。

そばかすやニキビ痕が完全に隠れるほどファンデーションを厚塗りにしている子は少ないですし、派手なアイシャドーもほとんどつけていません。
イベントやライブ、SNSへの写真投稿は派手な化粧をしていることがありますが、学校ではほとんど化粧をしていません。


なぜかというと日中の派手な化粧はふしだらな印象を与えるからです。

欧米にはまだまだ保守的な地域がたくさんあります。異性を勘違いさせてしまうと身に危険が及ぶので、化粧はナチュラルメイクにしましょう。

共同通信社の有益な情報のご紹介です。

色付きリップクリームや、ラメがないマットなアイシャドーがおすすめです。

アイラインは細めにしましょう。

他にも極端なミニスカートはやめましょう。

高校留学情報はこちらに集まります。

現地の女子高生はほとんどがジーンズやカプリパンツです。


動きやすいのはもちろんですが、治安があまり良くない地域では身を守るためでもあるからです。


治安が良い日本と同じ感覚では、高校留学を安全にすることができません。



常にホストファミリーが側にいるわけではないので、安全対策をしっかりして高校留学を役立つものにしましょう。